趣味の製麺

家庭用手回し式鋳物製麺機(小野式製麺機など)を使った、自家製麺のラーメンやうどんをを楽しんでいます。

渋さ知らズのフェス『渋大祭』で鬼頭さんが家庭用製麺機で作った麺でラーメンを出すと言い出した

 

 

 

鬼頭さん、フェスに製麺で出るってよ

渋さ知らズというバンドに、バリトンサックスプレイヤーの鬼頭哲さんがいる。

元々ラーメンが大好きで、宮城マリオさん経由で製麺会に参加したのをきっかけに家庭用製麺機を即購入して製麺にハマり、今では楽器を触っている時間よりも製麺機のハンドルを回している時間の方が長いという噂があるとかないとか。いや知らないけど。知らズ存ぜズ。

鬼頭哲さん、製麺の縁が無ければ決して知り合うことはなかったであろう人である。ほら見た目が怖いし。

f:id:tamaokiyutaka:20190918082831j:plain

そんな鬼頭さんとは、一緒にタモリ倶楽部に出たり、やついフェスに出たり、同人誌「趣味の製麺」に原稿をお願いしたり、たまにライブを見せていただいているという仲だ。

 

で、そんな鬼頭さんから、9/16(月・祝)に開催される、渋さ知らズ30周年のフェス『渋大祭』の企画で、自家製麺のラーメンが出せないかと相談があった。

shibutaisai.com

 

ほほう、フェスで自家製麺とな。渋大祭ってつけ麺博みたいなフードイベントじゃないですよね。

さすがに普通の出店じゃないだろう。少人数を相手にするワークショップ的なものかなーと思っていたら、立派なキッチンカーを借りての本気モードに決定していた。わぉ、マジか。 

 

本当にフェスで製麺するらしいよ

ということでフェス当日、東扇島は釣りをしに何回かきたことがあるなーなんて思いながら朝7時に到着。

会場はすげー雨と防ぐものがない浜風で荒れていた。大丈夫かこれ。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002313j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190918002304j:plain

荒ぶる空、波立つ海、ぬかるむ大地。

これが川崎サウスサイドか。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002328j:plain

防水の登山靴で正解だったな。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002339j:plain

出演者用のリストバンドをいただいた。

人生いろいろあるな。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002350j:plain

 

ということで、渋さ知らズの関係者がやるスペシャルな企画出店『渋さ知らず食堂』というのがあり、その一つが鬼頭さんのラーメン屋さんなのだ。

フェスの物販グッズとしての、出演者が作る自家製麺のラーメンである。そんなの聞いたことないぞ。

作る量は200食。僕がグルコミとかでやる小型サイズじゃなくて、茹でる前の麺で150グラムのフルサイズ仕様だぜ。たいへーん。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002534j:plain

全員がふわっとした心持ちのままキッチンカーで諸々仕込み開始。

調理スタッフはやついフェスからの流れで参加された大変優秀な方々。

 

料理名はダジャレだったんだよ

作るラーメンは『汁なしラ(ーメン)ズ』

このネーミングが『しるなしらず=渋さ知らズ』と掛かっているは伝わっていたのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002828j:plain

岩下の新生姜が使われているのは、協賛いただいているからだそうだ。

ありがたや、ありがたや。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002636j:plain

 

鬼頭さんが考えた秘密のレシピはこんな感じだったかな。

■タレ:醤油とみりんで鶏肉のミンチを煮たもの→鶏肉は具に使用

■油:ネギと魚粉を油で煮たもの→ネギは具に使用

■隠し味:岩下の新ショウガのつけ汁

詳しくは鬼頭さんにどうにかして聞こう。

※追記:鬼頭さんの書いたレシピはこちら

 

f:id:tamaokiyutaka:20190918002546j:plain

 

そして主役である麺は、国産小麦(強力粉)を総加水率35%(水33:粉末かんすい1:塩1)で水回しした、打ち粉いらズの低加水生地をうまいこと1.5ミリまで圧延して(水分が少ないのでけっこう難しい)、小野式製麺機の2.2ミリ切刃で作る極太麺。

ほら、打ち粉が必要な加水率だと、茹でるお湯がすぐダメになるからね。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002444j:plain

田中式の大型と小野式の2型を並べて、リレー方式で製麺していく。

200食だと小麦粉だけで20キロ以上。

一体なにしているんだろう……とか考えたらだめだ。

肩と肘と腰が今も痛い。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002458j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190918002508j:plain

 

麺を茹でたら、タレ、油、新生姜の汁であえて、青ネギに新生姜、そして汁につけたウズラの卵を乗せたら出来上がり。

隠し味に新生姜の汁の甘酢っぱさが加わって、なんだかフェスっぽい味に仕上がっていた。うまい、これぞ青春の味(ただし敬老の日的な)。

やっぱり手作りの麺はうまいなー。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002558j:plain

 

このイベント、出演者はバンドやったりフードを売ったり、フェスというか、ものすごく大規模な文化祭という印象。

私は学生時代にこういうの全然参加していなかったけど、ここ数年は大人の文化祭的なものによく出るようになった。

すべてはヒデちゃんがスルメ好きの猫を飼いはじめたからだ(っていってわかる人いるのかな)。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002620j:plain

 

なんだこの行列は

そんなノホホンとした文化祭気分は、開場してすぐに伸びていくラーメン待ちの行列で吹き飛んだ。ながーい。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002659j:plain

あああ、大変お待たせしてごめんなさい。

極太麺なので茹でるのに時間が掛かるとか、キッチンカーは人の乗り降りで揺れるので鍋にお湯をたくさん入れられないとか、根本的に全員が素人だとか、厨房の様子がわかったのが当日はじめてだったとか、いろいろありまして。「趣味の製麺」の限界ですね。

ですよね、店長!

f:id:tamaokiyutaka:20190918002731j:plain

 

途中で休憩を入れつつも、2時過ぎに予定杯数が完売。

ありがとうございました!

食べられなかった人は鬼頭さんにお願いしてください。

あるいは自分で作ってみてください。たのしいよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002850j:plain

 

フェスって楽しいな

ということで後片付けをしつつ、ラーメン屋のバイト終了後は客としてフェスを楽しませていただいた。

屋外型のフェスなんて一生縁がないなと思っていたけれど、午後からは天気も回復してくれて、これがすごくよかった。

このフェスはステージが大小5つあって、それが歩いていける範囲に点在していて、寝っ転がれるスペースがあったり、仮設トイレが十分あったり、すごくよかったんですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002751j:plain

客席の一部が牛舎みたいにぬかるんでいたけど。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002804j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190918002910j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190918002923j:plain

ゴロンと転がりながら音楽を聴く。

イスかエアマットを持ってくればよかった。

f:id:tamaokiyutaka:20190918002937j:plain

 

名前だけは知っているけど聞いたことがなかったバンドを、こうして生で見られたのが収穫。

クラムボンってここまでおしゃれなバンドなのかとか、ZAZEN BOYSの向井さんってこういう表現なのかとか、いろいろ謎が解けた。これがフェスか。フェス、良いですね。こういう空間で人間椅子とかマルコシアスバンプとかスカパラとか卍とかサーフコースターズとか大島渚とか見たいよ。

 

最後の渋さ知らズの演奏までみて帰宅。

鬼頭さんが演奏していてなんだか不思議だった。

製麺機を持ってステージに上がるかなと思ったら、手にしていたのはバリトンサックスだった。

そういえばラーメン屋の店長が本職じゃなかったね。

 

なんやかんやフェスを堪能させていただきました。

f:id:tamaokiyutaka:20190918003008j:plain

 

それにしても自家製麺、しかも家庭用製麺機でフェスのフードでラーメンだよ。

家庭用だよ、この製麺機。

それで200食だよ、最初は300食とか言っていたけど。

いやわかる、気持ちはわかる。渋さのファンに俺のラーメンを一度食べてもらいたいという鬼頭さんの想いはよくわかる。

わかるけどーーーーーーーーーーー!

それは無理ーーーーーーーーーーー!

って思ったけど、ストップをかけず、やりたいこと(だったのかはよくわかりませんが)をやってもらってよかったかな。

こうしてまた一つ、アマチュア製麺業界に伝説が生まれたのであった。

f:id:tamaokiyutaka:20190918003021j:plain

みなさんおつかれさまでした!

そして渋さ知らズ30周年、おめでとうございます!

次のラーメン屋ごっこは50周年のフェスでやりましょう!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

BOOTHでの「趣味の製麺」取り扱いを始めました

 

 

 

こんにちは。

BOOTHというサイトでも同人誌の通販も始めました。

なんと例のバッグも扱っています。

f:id:tamaokiyutaka:20190808144219j:plain

hyouhon.booth.pm

 

今までの委託先も引き続きやっているので、お好きなところでどうぞ。

www.seimen.club

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

千葉県鴨川市で地産地消ラーメンを作りました

 

 

 

ラーメンを作る連載という訳でもないのですが、SUUMOタウンの新連載でその日限定のご当地ラーメンを作りました。

suumo.jp

もともと、地方に行って食材を集めて、その日限りの定食やラーメンを作る記事を書きたいなーと思っていたところで、このサイトの編集者とたまたま出逢い(前から知っている人ですが)、住まいに関する情報も入れるならばとはじまった感じです。

f:id:tamaokiyutaka:20190910121841j:plain

まだ手探りで、今後もラーメンになるのか謎ですが、よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

高陽式製麺機のハンドルはロール側についている!

 

 

 

高陽式製麺機を触る機会がありました。

群馬県の高崎市にあった会社だから、高陽式です。

「陽」の由来は知りませんが。

f:id:tamaokiyutaka:20190909163228j:plain

 

この高陽式は、イカ好きのまいける氏所有で、トーカイ麺機氏のレストアによるもの。

で、回してみて驚いたのが、ここです。

f:id:tamaokiyutaka:20190909163318j:plain

ほらほらほら、すごいでしょう。

ハンドルの取り付け位置がロール部分!

ハンドルを手前に引いて、溝をネジにひっかけてシャフトを回すと、ロールが回るという構造!

そしてハンドルを本体側に押し込んだ状態で、ハンドルについた歯車で回るのが切り刃なんですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190909163329j:plain

 

下は山田技研氏所有の田中式製麺機。

ヘリカルギアについては置いておいて、押し込んだ状態で回すと大ギアが駆動してロールが回り、引いてネジにひっかけると切り刃が回ります。

これが一般的で、小野式とかもこうなってます。

f:id:tamaokiyutaka:20190909163256j:plain

だからなんだという話ですね。

 

山田技研さんが作った生地を高陽式製麺機で伸ばして切って、マダラさんが仕込んだスープでいただきました。

おいしかったです。

f:id:tamaokiyutaka:20190909142719j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

9/4(水)のNHK首都圏ニュースで家庭用製麺機情報が出るとか

 

 

 

こんにちは。

群馬県内のNHKで放送された家庭用製麺機情報の件ですが、送ってもらったDVDをようやく見ていたら、群馬以外でも見られるという情報が来ました。

ということで、明日(9/4)の首都圏ニュース(午後6時10分~午後7時)で放送されるらしいです。(茨城を除く関東地方)。

大きなニュースがなければ。

ニュースのもとになっている製麺の本はこちらです。

www.seimen.club

 

これは群馬版。

f:id:tamaokiyutaka:20190903153918j:plain

もっと光りを!って人間椅子みたいですね。

f:id:tamaokiyutaka:20190903153928j:plain

ケララの風で撮影させてもらいました。

f:id:tamaokiyutaka:20190903153947j:plain

何している人なんだろうね、この人。

f:id:tamaokiyutaka:20190903153956j:plain

県外!

f:id:tamaokiyutaka:20190903154005j:plain

辻村さんのカレーラーメンだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190903154018j:plain

詳しくは番組を見よう。

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

「ほっとぐんま640」に家庭用製麺機が出ます

 

 

 

こんにちは。

8月28日(水)、群馬県内のNHKでのみ放送される「ほっとぐんま640」(午後6時40分~午後7時)で、家庭用製麺機が「特集ニュース」として5分ほど紹介されるそうです。さすが群馬。私も出るとか出ないとか。

 

www4.nhk.or.jp

「製麺機と群馬深い関係」だそうです。

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

第1回『俺のカレーラーメンを食え』的な会@ケララの風モーニングのご報告

 

 

 

こんにちは。

『作ろう!カレーラーメン』の完成記念として、ケララの風モーニングで以下の会がありました。楽しかったです。

www.seimen.club

 

料理は店主の沼尻さん、そしてツジメシの辻村さんというスパイスのツワモノ2人。

製麺活動はバンド活動に似ていますが(わかりにくいですがそうなのです)、今日はレコ発記念のツーマンライブですね。私はローディーとして麺を用意しました。

f:id:tamaokiyutaka:20190821135248j:plain

 

対バン、バチバチです。いや楽しくやっています。

f:id:tamaokiyutaka:20190821135259j:plain

 

つきだしは沼尻さん作のワダとイドゥリ。

前に習った料理と再会。さらに牛肉を揚げたやつなど。

blog.hyouhon.com

f:id:tamaokiyutaka:20190821135319j:plain

ワダ:いつものやつ
イドゥリ:トウモロコシと枝豆の入った「夏休みバージョン」。この手のものはインドにはありません(たぶん)
ビーフ・アチャール:牛肉のピクルス。
ココナッツ・チャットニー2種(コリアンダーバージョン及びパプリカ赤唐辛子バージョン)

だそうです。

 

沼尻さんのケララシチューカレーラーメンはヴァージョンアップしていました!

以下、沼尻さんより。

「鶏はスープに腿肉、ハムに胸、トッピングにレバーと卵を使いました。前回にんにくの揚げたものをトッピングに使いましたが、今回はシャロットのスライスに変えました」

f:id:tamaokiyutaka:20190821135344j:plain

すごい。これがインド料理のプロが作る本気のカレーラーメンなのかと感動する完成度。

沼尻さん、dancyuの9月号に登場しているのでこちらもどうぞ。カレーラーメンじゃなくてミールスなのでご安心ください。

dancyu(ダンチュウ) 2019年9月号 「スパイスカレーの夏」

dancyu(ダンチュウ) 2019年9月号 「スパイスカレーの夏」

 

 

そしてツジメシの辻村さんの『見た目はラーメン、食べたらカレー』も進化しています。前は試食程度だったけど、今回は一杯を通して食べられる喜び。

食べれば食べる程にラーメンからカレーに印象が変わっていきます。

f:id:tamaokiyutaka:20190821135335j:plain

沼尻さんに試食してもらって緊張するツジムラさん。

麺茹でサポートはナイスなアンザイさん。お疲れサマー。

f:id:tamaokiyutaka:20190821135357j:plain

 

カレーラーメン用の麺は、強力粉(スーパーで売っているカメリア)9:全粒粉1(スーパーで売っているやつ)で、水36%、かんすい(炭酸ナトリウム)1%、塩1%。全粒粉を炒めて香ばしさを出してから生地にしています。手に入りやすい材料だけど、意外と美味しくできますよ。

製麺機は小野式の2ミリ標準切り刃です。

 

 大好評につき、第2回『俺のカレーラーメンを食え』会の予定は、未定です!

ということで、ありがとうございました!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 趣味の製麺 All Rights Reserved. by 玉置標本