趣味の製麺

家庭用手回し式鋳物製麺機(小野式製麺機など)を使った、自家製麺のラーメンやうどんをを楽しんでいます。

ミールスお礼参りツアー:チャラカラ&マサラワーラー=群馬県前橋市のインド食堂チャラカラ7周年イベントで、ノンベジフルコース→ティファン→ベジミールス

 

 

 

 

ミールスお礼参りツアー(「作ろう!南インドの定食ミールス」に寄稿していただいたお店への挨拶回り)ですが、西荻窪の「とら屋食堂」、尾久の「なんどり」、勝田台の「葉菜」、長野県飯綱町の「モンマルシメ(MON marushime)」ときて、最後に群馬県前橋市のインド食堂チャラカラにたどり着きました。

twitter.com

 

訪れた日は記念すべきチャラカラ7周年イベント。

同じく寄稿いただいたマサラワーラーの鹿島さん武田さんのお二人とのトリオで「食べさせられ放題」がゴージャスに開催!

 

夜が予約制のノンベジ南インドコース、翌日の朝がティファン、そして昼がベジミールスという驚異の三段構え。南インドでもタミル地方寄りの料理になるそうです。

一緒にミールスを習った小松さんと、どうせなら前橋に宿をとって全部制覇しましょうという話になって、このためだけに一泊二日の小旅行。南インド料理のトライアスロンチャレンジ!

この日の群馬は40度近い超猛暑日。否が応でも南インド感が盛り上がります。暑い。

 

店内でアジアハンター小林さん、阿佐ヶ谷書院の島田さんと合流。濃い。

 

ノンベジの超濃厚な南インドコース

まずは土曜日のノンベジから。

狂乱の厨房を隠し撮り(と言いながら断って撮影)。

そういえば岡田さんは初対面でございます。

 

何か焼いています。

 

岡田さんから7周年のご挨拶。

 

でも照れて出てこない岡田さん。

 

そして南インドでもなかなか味わえない油池肉魚の宴がスタート!

 

パロッタとサルナ(タミルでパロッタを頼むとついてくるソース)。

 

ハーフボイル(目玉焼き)

 

コーラウルンダイ(マトン団子)。

 

チキン・ウップカリ。

 

砂肝を煮たやつ。

 

ジーラカサンバライスのマトンビリヤニ。

 

ナンドゥ・マサラ(カニのカレー)

 

マトン・ペッパーフライ。

 

サメをどうにかしたやつ。

 

青マンゴーのウールガイ(アチャール)。

 

サンバルとバスマティライス。

 

3人がほとんどアドリブで作っていったため、当初のメニューと違うというフルコース。他にも何かいろいろ出たような。親鶏のなんかととか、マダイのなんとかとか。

 

デザートはマドゥライで人気のジガルタンダ。アーモンドガム入りのドリンク。

とても不思議な食感でした。この夏はジカルタンダで決まり!

 

怒涛のノンベジ料理、とにかくすごかったです。ベジのミールスとは全然違う動物性蛋白質とたっぷりのオイルが織りなす絶望すら感じる満腹感。ごちそうさまでした!超満足!

食後は阿佐ヶ谷書院の本の販売など。

 

阿佐ヶ谷書院による「カレーにまつわるエトセトラVol2」出版おめでとうございます!

私もちょっと寄稿させてもらいました。

 

お疲れさまでした!

 

みんなで素敵な(概念としての)ファイブスターホテルに宿泊。

 

朝食は胃にやさしいティファンモーニング

そして翌朝、当然のようにティファンモーニングへ。

こちらは食べ放題ではなく、食べたいものを頼むスタイル。

まだお腹が全然減っていないので、その方が助かります。

 

パッと見てまったく頭に入ってこないメニューが素敵。

全部攻めたいところですが、ギードーサとワダの単品で。

 

お隣の小林さんより、バナナの葉っぱを水で洗う行為について、全面を湿らせると写真映えがするとアドバイスをいただきました。

 

確かにきれいになりますね。映える。

 

余計な水分はテーブルに流していいそうです。

 

ということでティファンモーニングがスタート。

昨夜に小林さんが「こだわりのある店は、ライスに合わせるサンバルとティファン用のサンバルで違うものを出す」みたいな話をしたのを聞いた岡田さんに火がついて、ティファンに合わせた、ペーストにしてから作る滑らかなサンバルを用意してくれました。さすが。

 

粉はポディで油はネイ。

 

滑らかなサンバルがパリフワに焼かれたドーサと合う!

ドラムスティック、中身がトロリとして甘みがあって超うまい。

 

ザクっとした食感が魅力的なワダ。でも中はフワっと。

ワダも作る人によって全然違いますね。

 

食後のチャイ。

 

小林さんがセルフでエアブレンドをしていて、真似をしたら超熱かったです。でも楽しい。

エアブレンドをエアドロップと間違えて、スマフォでデータのやり取りをしそうになりました。惜しい。

 

やっぱりティファン(南インドの軽食)は美味しいです。

自分で作るのは大変なので、近所に出す店が欲しい。

 

「ランチミールスはどうしましょう?」と小松さんと相談。

もちろんお腹はパンパンです。

 

ランチにヘルシーなベジミールス食べ放題

地元スーパーや直売所などをうろうろして、ベジだから胃にやさしいよねといいつつ、一時間半後に三度目となるチャラカラにやってきました。もう常連ですね。

二人合わせてもうすぐ92歳、イエーイ。

 

座った瞬間にマサラ―ワーラーの二人が攻めてきます。

 

ナイスなベジミールス!

 

ライスに合わせて岡田さんが作ったサンバルはカボチャ入り。

確かにティファンのサンバルと全然違う。

 

ドラムスティックうまい。

 

ニンジンのポリヤル。

 

サツマイモのマシヤル(マッシュした煮物)。

 

ホウレンソウのクートゥー。

 

ラッサム。

 

アッパラム(パパダム)。

 

青マンゴーのウールガイは何度食べてもうまい。

 

小林さんがインドから持参したスズメノナスビの漬物などを煮たやつ。

タマリンドの鮮やかな酸味に奥行きを与える強烈な苦み。単体で食べると苦すぎるけど、これが入らないと物足りなくなる魅力がある。

 

これがスズメノナスビ。ダンゴムシじゃないですよ。

 

オプションで追加したマサラエッグ。

 

お腹いっぱいになったところで、特に観光もせずさっさと帰宅。

昨日の夜はノンベジで胃が強烈に重かったけど、朝と昼はベジ(と言いつつ卵も食べたけど)だったので、意外と食べられました。ノンベジの満腹とベジの満腹は質が違いますね。

先に食べたはずのノンベジよりも、今日のティファンとミールスの方が、不思議と先に消化されている感じです。ノンベジの油がまだ胃の中で浮いているんですかね。

ということで、7周年おめでとうございました!

次はチャラカラのオリジナルミールスを食べにまた来ます。

 

そして買ってね、「作ろう!南インドの定食ミールス」!

www.seimen.club

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ラーメン二郎三田本店にいってみた

 

 

 

 

こんに~ちは~。

先日、ラーメン二郎三田本店に行ってきました。

行列がすごいと聞いていたので、あえて豪雨の日を選んでみました。

今回は一人です。ドキドキ。

 

三田駅から慶応大学を目指します。

我が人生で初めて慶応大学を目指しました。

 

豪雨でも行列。ビルの形が細長い。

 

ドキドキしながら待ちます。

なんというかテーマパーク感がすごい。

並んでいるときに入口から中の様子がちょっと見えて、テレビで見たことがある創業者の方が赤い帽子をかぶってラーメンを作っていて、超にわかの私でもテンションが上がりました。

 

ニンニク……?

 

『食事の脂にこの1本』という、すべてをなかったことにしてくれるお茶を買いました。

あえてカルピスリッチとかメロンクリームソーダを買うと通っぽいかもしれません。

 

入店のちょと前、食券を買う前に店員さんから「小ですか、大ですか?」と、サイコロ博打みたいなことを聞かれました。

「小です!」

普通のラーメンが『小』だと亀戸で学習しておいてよかった。

 

食券は『ラーメン』が600円と安くてびっくり。

『大ラーメン』でも650円。『ぶた』が増えると100円増し。

一円あたりのカロリーが三田界隈で一番高いかもしれません。

 

キッチンを囲むように、ビルの形に合わせた変形コの字型のカウンター席のみ。

その真ん中あたりに案内していただきました。

キッチンというかおやっさんのステージですね。

縛られた肉の塊がバンバン煮込まれている大きな寸胴が見えて感激。

スープというか肉の煮汁だ。

 

「ニンニク入れますか?(トッピングどうしましょうか)」

「はい!(ニンニクだけお願いします)」

 

着丼。

平日の午前中の豪雨という条件だったので、店に到着してから着丼まで22分とスムーズでした。

 

おおお、多い。

野菜にはキャベツが少々。

 

麵が太い。

 

しっかりした歯ごたえ。

うねりとざらつきがある極太麺を、アブラとスープとズズズとすすれば丼から魂のグルーヴが聞こえてきます。よくわかりませんが。

 

スープはそんなに乳化していない感じなのでしょうか。

二郎において、どのレベルを乳化・微乳化・非乳化と呼ぶのかよくわかっていません。

アブラのコールはしなくても液状の脂がたっぷり。

そこまでしょっぱくなかったです。

おいしい!

 

野菜の下に巨大な肉塊が2枚入っていて、うわぁ。ガッチリした肉!

 

ぎり完食。

すごいですね、二郎本店。

これでラーメン600円はちょっと安すぎるので、この空間に入るための入場料を1000円くらいとってもいいような気がします。フランスだったら一杯3500円だな。

ごちそうさまでした!

 

ちょっと前にいった亀戸店はこちら。

www.seimen.club

 

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ラーメン二郎亀戸店にいってみた

 

 

 

 

 

こんに~ちは~。

先日、ラーメン二郎亀戸店に行ってきました。

 

『ラーメン』は850円。通称『小』。

『ブタ入りラーメン(ブタ4枚入り)』は950円。

同行者によると普通のラーメンにも豚が2枚入っているそうです。

 

「にんにく入れますか?(トッピングどうしますか?)」

「お願いします!(ニンニク入れてください)」

 

 

おおお。肉がきれいな豚バラ肉だ。

 

こちらは友人がコールのとき(ニンニクを聞かれたとき)に「ニンニクアブラヤサイ」の呪文を唱えたラーメン。

アブラが乗るとヴィジュアル的にかっこいいですね。

 

麺が茶色くて太い!

 

肉が分厚い!

 

スープは非乳化で液状のアブラがたっぷり!

醤油がキリっとしている!

 

おいしかったです。

前に食べた越谷店、桜台といろいろ違う気がする。

二郎にもいろいろあるんですね。

www.seimen.club

 

blog.hyouhon.com

 

食べながら次回に備えてトッピングのお勉強。

『コール時のアブラ少なめは少し多めになりますのでご注意ください』の意味がまったくわからなかったのですが、アブラとタレはスープや麺よりも丼へ先に入れるものなので、食券の確認時(麺の量を伝えるとき)に言っておけば減らすことも可能ということだと思われます。

にんにく入れますか?は最後に乗せるトッピングの段階なので、「アブラ少なめ」というと「通常の量にプラスしてアブラを少し追加」となるようです。たぶん。奥が深い。イラストかわいい。

 

ごちそうさまでした!

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ミールスお礼参りツアー:長野県飯綱町の「モンマルシメ(MON marushime)」

 

 

 

 

西荻窪の「とら屋食堂」、尾久の「なんどり」、勝田台の「葉菜」に続いて、ミールスお礼参りツアーの第四段は、長野県飯綱町の「モンマルシメ(MON marushime)」まで遠征してきました。

今回は北野さんがミールスを学んだ場所でもある、我らが学び舎「ケララの風II」店主の沼尻さんが一緒です。

monmarushime.com

長野県飯綱町の「モンマルシメ(MON marushime)」

長野県北部の飯綱町にある「モンマルシメ(MON marushime)」。最寄り駅の牟礼(むれ)駅からは徒歩20分。閑静な新興住宅地にあり、すごくがんばれば東京から日帰り可能かも。

貸し切り、恐縮です!

犬走り様……

ちなみに北野さんは「おぢさん」と呼び、沼尻さんは「北野くん」と呼びます。

 

グルテンフリーな「カフェ&ミールス」という業務形態で、とてもおしゃれな店内。

 

ミールスはドリンク付きで税込み1500円。

 

野菜たっぷりのベジミールス

地元の野菜や山菜をふんだんに使った、シュっとしたかっこいいミールスが登場。

 

ナスや新タマネギがたっぷりと入った具沢山バル……サンバル。

 

左はスパイスの出汁を楽しむラッサム、右はギーが効いたリッチなダール。

 

独特の食感がうれしい長野県産ナガイモのクートゥは、トマトにタマネギにココナッツも入って自然な旨味と甘味がたっぷり。

 

マスタードシードがちょっと入ってパチャディっぽさのあるアボカドのヨーグルトサラダ。入れ過ぎると苦くなるマスタードシードの匙加減が見事。

 

沼尻さん系統のケララミールスなら「トーレンは避けてトーレン」ということで、色鮮やかなブロッコリーのトーレン。

 

左から山菜のコゴミ(クサソテツの新芽)のアチャール、グラニースミスという青リンゴのアチャール、ココナッツシュガーとフェヌグリークが入ったトマトチャトニ。

地元で採れた山菜が加わっているのがうれしいですね。食感がサクッとリンゴらしいアチャールは驚異的な酸っぱさが最高。トマトチャトニは他の料理にアクセントとして組み合わせても。

 

「仕事が丁寧で上品だね。俺の弟子とは思えない!」と沼尻さん。

 

奥さんが作るクローブとシナモンの苦みが味を引き締める大人のチャイ。

米粉とココナッツの焼き菓子付き。

 

本日のデザートは、米粉でできているとは思えないフッカフカで滑らかなシナモンのシフォンケーキ。コクがあるのに軽いクリームが合う。

お腹がいっぱいなので小さめにカットしていただきました。

 

地元で採れた野菜・山菜・果物を丁寧な調理で生かした飯綱町ならではのミールス、どの料理もとてもおいしかったです。

沼尻さんから受け継ぐDNAを感じさせつつも、この地に根を生やした北野夫婦オリジナルの味。ごちそうさまでした。

 

 

北野夫婦がインドでミールスと出会った経緯、そして沼尻さんに教わった話は「作ろう!南インドの定食ミールス」に寄稿いただいたコラムをどうぞ。

www.seimen.club

 

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

「作ろう!南インド料理の定食ミールス」のレシピ確認でサッディヤを作る

 

 

 

 

サッディヤを作りたい

南インドのケーララ州では、9月くらいにオーナム(onam)という大きなお祭りがあって、サディア/サディヤ/サッディヤ/サッディア(表記のブレ)というミールスの原型にもなっている(かもしれない)料理が振舞われるそうです。

その特徴はオカズの多さ。ゴージャス!

 

チャラカナ岡田さんがインドで食べたサッディヤ。まさかのカロリー表記。

岡田さんが日本で作ったサッディヤ。こりゃ大変だ。

とら屋食堂さんが沼尻夫婦とインドで食べたサッディヤ。

 

通常のミールスの倍以上のオカズがバーンと並んだサッディヤ、食べてみたいですよね。ということで、2021年10月にミールス教室のみんなで作ってみました。

サッディヤというかミールスレシピの最終確認作業です。同人誌に載せるレシピをみながら全メニューを作って、間違いがないか、わかりにくい表現がないか、誰でも作れるか、ちゃんと美味しいのかを確認します。

 

サッディヤを作ろう

買い物はまとめて私がしておきました。すごい量。

 

調理はガスコンロがたくさん必要なので、某調理室をお借りました。

 

誰がどれ(メニュー)を何(素材)で作るかを決めていきます。

私は全体のチェックがしたいので、大したものは作りません。

 

用意ができたら調理スタート。

各自がバラバラに黙々と作っていくタイプのワークショップ。

完全自習スタイルの料理教室、意外と楽しいですよ。

 

オカズを湯煎で温める容器を買いました。いらないですが。

 

美味しくできました

はい、完成!

バラバラに食べます。

 

全部美味しくできました。

■右のカトリ
トウガンのオーラン
ジャガイモのイステュ
ラッサム
サンバル

■中央の上段
アヴィヤル
ニンジンのクートゥ
カブのトーレン
ニンジンのトーレン

■中央の中段
料理用バナナのカーラン
フルーツバナナのパチャディ
カボチャのエリセリ
クートゥーティーヤル
ホムデンとナスのティーヤル

■中央の下段
パパダム
ライス(タイ・スナマスリ)
ダール

■左
チャイ
ラッシー
カード
アチャール(ピーマン・ユズ・青パパイヤ)

合計23品かな。サッディヤ的にはチャイとラッシーは似合わないので、ピンクウォーター(パティムカム)か白湯にしたほうがいいですね。

 

曼荼羅風盛り付け

 

おかずが多すぎて、すぐお腹がいっぱいになってしまい、一個一個の味がよくわからなかったけど、楽しかったです。

今回は一緒に習ったミールス教室の生徒が作ったのでスムーズでしたが、今度は一度もミールスを作ったことがない人にやってもらおうかな。

 

上記の料理はこの本にレシピがすべて載っています。

www.seimen.club

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

2022/5/11(水)製麺ワークショップ@こしかけカフェ(長野県飯綱高原)のお知らせ

f:id:tamaokiyutaka:20220405163804j:plain

製麺ワークショップのお知らせ

こんにちは。昨年やる予定だった長野県での製麺ワークショップが、場所を変えて開催されます。平日ですみません。

■名称:製麺ワークショップ@こしかけカフェ

■日時:2022/05/11(水)17:00~22時頃
※好きな時間に来て製麺してください。

■場所:長野県飯綱高原「こしかけカフェ」
長野県長野市上ケ屋2471-2572
https://koshikake-cafe.business.site/

■内容:製麺ワークショップ(ざるラーメン or ざるうどん)と山菜の天婦羅など
メインは参加者が自分で食べる分の麺(中華そば or うどん)を家庭用製麺機で作る製麺ワークショップです。粉を捏ねるところからでも、こちらで用意した生地からでも。状況によりますが基本的に麺は食べ放題。
おかずとして地元産山菜の天婦羅などをご用意します。

■料金:2000円+ドリンク代
※中学生以下は1000円+ドリンク代

■申し込み:「予約フォーム」
※予約をしなくても大丈夫ですが、食材の用意もあるので予約していただけると助かります。万が一人数が多そうな場合は予約優先となります。

■中止の場合:やむを得ない理由による中止・延期の場合はTwitter等で告知https://twitter.com/hyouhon

 

イベントサポートのお知らせ

そしてさらに、5月10日(火)、11日(水の午前)は、長野県飯綱町の「古民家cafeのらのら」で開催されるイベントのサポートをしています。こちらもあわせてどうぞ。

あの「作ろう!南インドの定食ミールス」でお馴染みの沼尻さんが作る、スペシャルな山菜ミールス&ティファンを食べるチャンス!ミールス本も販売するよ!!

f:id:tamaokiyutaka:20220405163327j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20220405171524j:plain

ということで、諸々よろしくお願いいたします。

「dancyu祭2022」で「ケララの風モーニング」の手伝いしています

 

 

 

 

こんにちは。

あの料理雑誌dancyuのお祭り、「dancyu祭2022」で「ケララの風モーニング」の店番を手伝うことになりました。なぜなら店主の沼尻さんが作る「牛肉のアチャール」と共に、「作ろう!南インドの定食ミールス」を販売するからです。

もうご購入いただいた方も、沼尻さんに会うチャンス!

dancyu.jp

 

開催日時:2022年4月23日(土)・24日(日) 10:00~18:00(予定)

場所:東京都新宿区西新宿2‐6‐1 新宿住友ビル 三角広場

※新型コロナウイルス感染防止の対策を施して開催します。感染拡大状況次第で人数・時間制限などを実施する可能性もあります。

イベント詳細:入場は無料です。会場内では電子決済をご利用ください。現金は使用できません。

よろしくお願いいたします。

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 趣味の製麺 All Rights Reserved. by 玉置標本